宮島しゃもじ[トップページ] 宮島しゃもじ[歴史] 宮島しゃもじ[店内商品] 宮島しゃもじ[オーダーメイド] 宮島しゃもじ[お問合せ] 宮島しゃもじ[アクセスマップ] 宮島しゃもじ[トップページ]
宮島しゃもじ[杓子の家]広島県廿日市市

宮島しゃもじ[杓子の家] >> 宮島の観光地

宮島の観光地


▼厳島神社の大鳥居


厳島神社の大鳥居は、木造で鳥居の種類としては両部鳥居[りょうぶとりい](四脚鳥居[よつあしとりい])です。 主柱は楠の自然木を、袖柱は杉の自然木を使っています。
 

▼五重塔


応永14年(1407)建立。桧皮葺で和様・唐様を融合した見事な建造です。内部は彩色がしてあり豪華絢爛。内陣の天井には龍が、外陣の天井には葡萄唐草の模様が描かれています。
 

▼宮島の鹿


宮島には、ニホンジカが生息しています。現在、約500頭が島内に生息し、その内街中に約200頭が生息しているといわれています。
 

▼(国宝・重要文化財) 厳島神社 廻廊 [かいろう]


推古天皇元年(593)、佐伯鞍職[さえきくらもと]によりご創建と伝えられています。東側廻廊は47間[ま](柱と柱の間で、1間は約2.4m)、入口は切妻造りで、屋根は檜皮葺[ひわだぶき]で、棟には棟瓦が載せてあります。
 

▼宮島水中花火大会


宮島の夏を彩る一大イベントがこの宮島水中花火大会です。水中花火船より海中に投げ込まれた水中花火は大音響と共に炸裂し、朱の大鳥居や厳島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせます。日本花火百選では最高のロケーションということで写真愛好家からトップにランクされています。


▼宮島管絃祭


古くから都では、池や河川に船を浮かべ、優雅な「管絃の遊び」をしておりました。厳島神社を造営した平清盛はこの風習を厳島神社に移し、遊びではなく神様をお慰めする神事として執り行うようになりました。従って河川でなく瀬戸の海を舞台に雄大に繰り広げられるダイナミックな平安絵巻を思わせる海に囲まれた宮島ならではの優雅な祭りとなりました。


▼紅葉谷公園(もみじだにこうえん)


弥山麓の谷あい、紅葉谷川に沿って広がる公園。江戸時代に開拓されモミジの苗木が植えられたのが始まりといわれ、この時代の文献には「清き流れあり、樹木蒼古にて一区の幽境なり、楓樹多きを以って名とす」と紹介されています。厳島八景の一つ「谷原麋鹿」は、紅葉谷東の「谷ヶ原」を指します。昭和20年(1945年)の枕崎台風で一帯は土石流に飲み込まれましたが、その後昭和23年(1948年)から2年間、8000万円の巨費を投じて災害復旧工事が行われ、今日に見られる砂防庭園が完成しました。 作庭は地元広島の庭園師が手がけ、石材は現地にあるものを傷つけず自然の形のまま使用。樹木は切らない、コンクリートの面は眼にふれないよう野面石で包むなど、安全性はもちろん自然環境に配慮した美しい庭園です。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と季節ごとに変わりゆく自然を満喫できるのが魅力。とりわけ約200本のモミジが一斉に色づく秋の彩りは圧巻です。

宮島杓子の家アクセスマップ

広島県廿日市市宮島町488
tel:0829-44-0084
fax:0829-44-1084
mail:info@shakushi.jp



 
トップページ │ 歴 史 │ 店内商品 │ 宮島の観光 │ オーダーメイドしゃもじ │ オーダーメイド製作実績
記念写真 │焼印しゃもじ │ 抗菌つぶつぶしゃもじ │ 工芸品注文書 │ 特注杓子注文書
特定商取引法表示 │ お問合せ │ 交通アクセス │ リンク集


杓子の家(宮島しゃもじ)
広島県廿日市市宮島町488
tel:0829-44-0084 fax:0829-44-1084


(C)shakushi.jp powered by ホームページ制作 広島